マンション売却におけるトラブルとは?注意点も解説します!

  • 不動産豆知識
マンション売却におけるトラブルとは?注意点も解説します!

マンションの売却をご検討されている方でトラブルが心配であるという方が多くいらっしゃるでしょう。
今回の記事では、マンションの売却でよくあるトラブルとトラブルにならないために不動産を売り出す前の注意点についてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

熊本で不動産売却をご検討中の方へ:
すがコーポレーション(イエステーション)は平均売却日数55日、最短24時間以内のスピード売却にも対応しておりますのでお気軽にご相談ください。
(*詳しくは下記URLをクリックください)
https://suga-baikyaku.com/lp
マンション売却における売り主の責任とは?

□マンション売却における売り主の責任とは?

ここではマンション売却における売り主側の責任についてご紹介します。
マンション売却で売り主が負う責任は3つあります。

*説明義務

これは部屋の欠陥を説明する義務のことです。
一般的には、マンションを購入する前に買い主側が物件の状態を確認して、現状を把握しますが、売買契約を締結した後に欠陥が見つかってしまう可能性があります。
これによってトラブルが起こってしまうのを防ぐために、買い主に対して不動産の現状を包み隠さずに説明する義務を背負っています。

これは、不動産会社に仲介してもらう場合でも、売り主に対して説明義務がなくなるわけではないということに注意しておいてください。

*契約不適合責任

マンションを売却する際に、一般的には売り主側と買い主側で売買契約書の読み合わせを行います。
そこで売り主側が負う契約不適合責任というものがあります。

これは以前までは、瑕疵担保責任と呼ばれていたもので、民法改正に伴って契約不適合責任と呼ばれるようになりました。

この責任は契約に適合しているかどうかという点を基準として不適合なものには契約上の責任を満たしていないとして、責任を負わせるというシステムです。
そのため、売り主側は物件に対して欠陥や設備不良についてしっかりと説明しておかないと売買契約が解除されたり、契約解除に関わる違約金を支払わなければならなくなったりする可能性があります。

*主要設備の補修・修復義務

マンションそのものに瑕疵が見つからない場合でも、設備に不良が見つかるケースもあります。
このような場合には、売り主は設備を補修・修復する義務があり、守る必要があります。

□マンション売却でよくあるトラブルとは?

ここでは、マンション売却でよくあるトラブルについて3つご紹介します。

1つ目は、想定していた期間で売却が完了しないことです。
これはマンション売却においてもっともよく起こりうるトラブルと言っても過言はないでしょう。
不動産会社とマンション売却を話す際に、目安の期間を必ず想定します。
不動産会社も過去の経験からどの程度の期間で売却が完了するのかについて予測します。

しかし、マンション売却は買い主がいてこその取引です。
自身で良いと思っていても買い主が見つからなければ、売却は成立しません。
そのため、予測していたよりも取引の期間が延びてしまうケースも多いのです。

2つ目は、高額な手数料や広告費を請求されることです。
これもよくあるトラブルの一つです。
マンションを売却する際には仲介手数料を支払う必要があります。
しかし、これは必要な経費であり、これによってマンション売買を有利に進められているという点もあります。

そのため、不動産会社に仲介手数料や広告費について話し合い、理解を深めておく必要があります。

3つ目は、買い主からクレームが入ることです。
マンション売却で起こるトラブルの中でも、とても対処が難しいのがクレームです。
よくあるクレームとしては、騒音に対するクレームや隣人に関するクレーム、設備に関するクレームの3つがあります。

一見大したことのないような内容でも、買い主にとっては大きな問題である場合が多いです。
そのため、後から大きなトラブルに発展するのを防ぐためにも、なるべく冷静に対処する必要があるでしょう。

□不動産を売り出す前の注意点

ここではトラブルが発生するのを防ぐために、売り出し前に実践できる注意点についてご紹介します。

1つ目は、不動産売却にかかる費用を把握しておくことです。
不動産を売却する際には、手数料や税金のようなさまざまな費用がかかります。
自分が想定していたよりもかかるケースが多いので、あらかじめどれくらいの費用がかかるのかを確認しておくことでこれによるトラブルを防げるでしょう。

一般的には、不動産売却額の5パーセントから7パーセント近くが費用としてかかるといわれています。
これを参考に自身の不動産を売却した際にはどれくらいの費用がかかるのかを目安として理解しておきましょう。

2つ目は、相場をもとにして売却価格を決めることです。
売り出し価格を決める際には、不動産会社にマンションの査定をしてもらいます。
不動産会社から査定額を提示されますし、これは経験や計算をもとに算出された値のため、売却が完了しやすい価格となります。

この金額で売却した際に、もっと高くに売れたかもしれないと思われる方も多く、このようなトラブルを防ぐためにも、不動産会社に相場価格で売れるかどうか確認してみても良いかもしれません。

不動産を売り出す前の注意点

□まとめ

今回はマンションの売却を行う際によくあるトラブルと売り出し前の注意点についてご紹介しました。
今回の記事を参考に熊本市周辺でマンションの売却をご検討されている方は、ぜひ当社までご連絡ください。

すがコーポレーション(イエステーション)は不動産売却の多数の実績がございます。
もし、良かったら「不動産売却物語」をご覧ください。
https://suga-baikyaku.com/story/
中本伸也

投稿者

中本伸也

15年以上不動産業界に従事し、宅地建物取引士や賃貸経営不動産取引士、ファイナンシャルプランナーなどの資格を持つ専門家です。不動産に関するお悩みやご質問は、ぜひ私どもにご相談ください。豊富な経験と知識で最適なご提案とサポートをいたします。お気軽にお問合せください。

中本伸也が書いた記事はこちら
すがコーポレーションLINE

不動産豆知識カテゴリの最新記事

お問合せ

CONTACT

オフラインでのお問い合わせ
お電話でのお問合せ

営業時間:10:00-19:00 定休日:年末年始

不動産売却の手引きPDF
無料ダウンロード

不動産売却に役立つ手引き書を無料でプレゼント致します。

ページ先頭へ戻る