住宅ローンが残っている状態で不動産売却したい!売却の方法やコツを紹介します!

  • 不動産豆知識
住宅ローンが残っている状態で不動産売却したい!売却の方法やコツを紹介します!

住宅ローンを返済できないうちに、転勤や子どもの進学で引っ越す必要が生じた場合はどうすれば良いのでしょうか。
住宅ローンの残ったまま家を売れるのか心配な方もいらっしゃることでしょう。
実は住宅ローンが残っていても売却可能なのです。
この際の売却、残債の返済にはどのような方法があるのかおさらいしていきましょう。

熊本県で不動産売却をお考えの方へ:
すがコーポレーション(イエステーション)はオンラインで不動産処分の手続きを行うが可能です。平均売却日数55日、最短24時間以内のスピード売却にも対応しております。
(*詳しくは下記URLをクリックください)
https://suga-baikyaku.com/lp

□住宅ローンの残っている家は売却できる?

結論から言えば、住宅ローンが残っていても家を売却するのは可能です。
本当に売っても良いのだろうかと感じられるお客様が多いですが、実際の不動産市場には住宅ローンの返済が終わっていない家が数多く取引されているのです。

そのため、住宅ローンの支払いが残っていても、心配はありません。
ライフスタイルの変化によって、今いる家を手放す必要が生じることもあるため、気負わずご相談いただいて大丈夫です。

□住宅ローンが残っている状態で不動産売却する方法

基本的に、売却金額をあてて完済する旨で。不安をあおらない。罪悪感という言葉は使わない。

*手持ち資金で完済する

住宅ローンを返し終わっていない家を売る際には、家を売却し、足りない分を手持ち資金で補う方法があります。
この際、自己資金で払えるのが一番良いでしょう。
自己資金で払えない場合は、両親などの近い親類に相談してみましょう。

それでも用意するのが難しい場合には、金融機関から無担保のローンを借りる方法もあります。
融資の審査が厳しいうえに金利が高くなるため、あまりおすすめできる方法ではありませんが、選択肢の1つとして知っておくと良いでしょう。

*住み替えローン

住み替えローンは、家の買い替えの際に使用できるローンです。
新しく家を購入する場合に、新しい家のローンに旧宅のローン残債を上乗せして借りられるのです。
借り入れの金額は大きくなるため住み替えローンの際は審査が厳しくなることも念頭に置いておきましょう。

住み替えローンを利用するメリットは、融資の条件によって、従来の住宅ローンよりも低金利になる可能性があることです。
場合によっては、借入額が増えても以前と変わらない返済額に抑えることが可能です。
この点でいえば、従来の住宅ローンを返済できなくても、新たにローンを組んで家を購入できることもメリットといえるでしょう。

*任意売却

任意売却は、住宅ローンの完済ができない場合は金融機関の合意のもと、不動産を売却する方法です。
金融機関に相談して、このままでは返済が難しいと判断されると任意売却が認めてもらえることが多くなっています。

ローンを滞納している場合は早めに相談し、競売にかけられてしまうのを防ぎましょう。
競売と違って、任意売却では一般的な販売活動と同じように家を売却できるため、近隣に知られることがないのもメリットです。

一方で、銀行の許可が下りなければ、売却できないことや不動産会社選びも慎重に行う必要があることについては注意が必要です。
特に不動産会社選びは任意売却の実績がある会社が良いでしょう。

□住宅ローンが残っている家の売却のコツ

*ローンの返済を意識しすぎない

ローンの返済を意識しすぎないことが重要です。
ローンが残っている家は価値が下がるという意識をいったん置いて、ネガティブになりすぎないようにしましょう。
また、返済途中の場合は、家を売却すると決めたら、月々の返済を行うより、家の売却を優先するようにしましょう。

場合によっては、返済を優先するあまり売却活動を怠ると、残債の減り幅よりも家の価値が減少していく幅の方が大きくなる恐れがあります。
家の価値は年々下がっていくものであるため、売却する場合は早めに売却できるよう販売活動に舵を切っていきましょう。

*自己資金を用意する

最後は自己資金を用意することです。
家を売却して得た資金での残債を返済してしまおうとお考えの方もいるでしょう。
しかし、売却で得た資金では完済できないパターンについても準備しておく必要があります。

なぜなら、残債を支払う際は一括で支払う必要があるためです。
一括返済ができないと家を売ることができません。

では、どのようにして売却によるローンの返済計画を立てればよいのでしょうか。
まずは、不動産会社に査定を依頼しましょう。

査定してもらうと大体いくらで売却できるのか見当がつきます。
ただし、査定額よりも低いと完済できない場合もあるため、絶対に家を売りたいとお考えの方は余裕をもって自己資金を用意しておく必要があります。

□まとめ

ローンの返済が残るまま、家を売却するケースはよくあります。
まずは、ローンの返済ができなかったという罪悪感や早く返そうという焦りを一回置いて、販売活動に注力しましょう。
また、返済が難しいからと安易に売却を選ぶのではなく、ローンの返済がきちんとできるのか、自己資金と売却額で賄えるのかを確かめてから売却しましょう。

当社では、豊富な物件数とネットワークで熊本市周辺の不動産売買を行っております。
熊本市周辺で不動産売却をお考えの方はぜひご連絡ください。

すがコーポレーションでは「不動産売却物語」というお客様の事例を掲載しております。
(*詳しくは下記URLをクリックください)
https://suga-baikyaku.com/story/
中本伸也

投稿者

中本伸也

15年以上不動産業界に従事し、宅地建物取引士や賃貸経営不動産取引士、ファイナンシャルプランナーなどの資格を持つ専門家です。不動産に関するお悩みやご質問は、ぜひ私どもにご相談ください。豊富な経験と知識で最適なご提案とサポートをいたします。お気軽にお問合せください。

中本伸也が書いた記事はこちら
すがコーポレーションLINE

不動産豆知識カテゴリの最新記事

お問合せ

CONTACT

オフラインでのお問い合わせ
お電話でのお問合せ

営業時間:10:00-19:00 定休日:年末年始

不動産売却の手引きPDF
無料ダウンロード

不動産売却に役立つ手引き書を無料でプレゼント致します。

ページ先頭へ戻る