不動産売却はどこがいい?自分に合った不動産会社を選ぶコツやポイントをご紹介します

  • 不動産豆知識
不動産売却はどこがいい?自分に合った不動産会社を選ぶコツやポイントをご紹介します

売却を考えているけれど、不動産会社は数が多くどの会社を選べばよいのか迷いますよね。
知名度の高い大手の会社に頼むのか、地元の情報に精通している中小の会社に頼むべきかも悩みどころです。
自分に合った不動産会社の選び方をおさらいして、売却をスムーズに進めましょう。

熊本で不動産売却をご検討中の方へ:
すがコーポレーション(イエステーション)は平均売却日数55日、最短24時間以内のスピード売却にも対応しております。無料相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。
(*詳しくは下記URLをクリックください)
不動産買取|LPページ

□不動産売却はどこがいい?自分に合った不動産会社選びのコツ

*物件のあるエリアに詳しい

まずは、物件のあるエリアに詳しいことです。
地域によって、相場や地域の特色は変わります。
物件のある地域に精通している場合は物件やその周辺エリアの利便性もアピールできるため、物件をよりよくアピールしてもらえるでしょう。
治安の良さや交通量、子育てのしやすさ地域の特色をよく把握しているため、売却の強い味方になってもらえることでしょう。

*対応がスピーディー

2つ目は、対応がスピーディーなことです。
対応が素早く、的確な会社を選べば、売却活動もストレスも少なく、スムーズに進められるでしょう。
問い合わせや質問の対応やアポイントメントの日時設定がスムーズなど契約前から不動産会社の対応をチェックしておきましょう。
売り手の要望をキャッチしてくれて、機動力があるため早く売却したい人におすすめです。

*経験豊富でアドバイス力がある

書類の記入や手続きなどを進めるだけでなく、売却を有利に進めるためにアドバイスをもらえるかどうかも重要なポイントです。
不動産を売却する際に経験豊富な不動産会社からアドバイスをもらえるかどうかも、売却の成功につながります。
特に、狭い土地の物件、築年数の古い物件や空き家の売却をする際は、経験や実績があり、アドバイスをしてもらえる不動産会社を選ぶようにしましょう。

□不動産売却で不動産会社を見極めるポイント

不動産会社を見極めるポイントは以下の4つです。

・査定額の根拠がしっかりしている
・売却予定の物件と似た物件の売却実績が豊富である
・売却のプランや広告の質
・担当者の身なり・人柄

売却予定の物件の査定額は不動産会社を選ぶ1つの要因になります。
査定額のチェックポイントは、査定額の根拠を説明してもらえるかどうかです。
中には、契約を結ぶため高値で査定額を提示してくる会社もあります。
自身でも類似物件を調べて、相場を把握しておきましょう。

査定額が高いのか、低いのかを判断し、その理由を不動産会社に確認します。
その際に、根拠を明瞭に説明してくれる会社と契約を結ぶようにしましょう。

続いて、類似物件の売却実績が豊富なことです。
不動産会社のホームページに載っている過去の販売実績を確認して、この不動産会社に売却予定の物件を売ってもらえるかどうか見極めましょう。

売却のプランを考えているか、広告の質が良いかも重要なポイントです。
売却のプロセスや最悪のケースを想定して、売却額を設定してくれる会社を選びましょう。
広告も物件の魅力が伝わり、買主が惹かれるものでないと、売却につながりません。
まずは、売主自身がその不動産会社の広告に惹かれるかどうか確かめましょう。

最後に担当者の身なりや人柄です。
売却活動には、3~6か月の時間を要します。
そのため、売却活動を共にできる信頼できる担当者がいる不動産会社と契約しましょう。
その人の人となりを見るためにも、服装や人柄を見ておきましょう。

□不動産売却には大手と中小どちらがいい?

不動産会社には、全国に店舗を持つような大手の会社と地域の情報に精通した中小の会社があります。
どちらがいいのかご自身の物件と特徴と照らし合わせて確認してみましょう。

まず、大手の不動産会社は以下のような場合におすすめです。

1つ目は、人気のありそうな物件を保有している場合です。
立地や設備が良く人気の出そうな物件は、大手不動産会社を利用すると良いでしょう。
全国に顧客がいること、大々的に広告を出していることから多くの買主候補を見つけやすく、高値で売れることでしょう。

2つ目は、新興住宅地に物件を保有している場合です。
新しい新興住宅地は、地域外から越してくる人がターゲットになります。
先ほどの通り、大手不動産会社は全国に顧客を抱えているため、地域外の顧客にもアピールしやすいでしょう。

続いて、中小の不動産会社におすすめの場合を紹介します。

1つ目は、郊外や田舎に物件がある場合です。
郊外や田舎に物件がある場合は中小の不動産会社に依頼すると良いでしょう。
中小の不動産会社は地域特性を理解していてネットワークもあるため、地元企業や投資家などに積極的に物件を紹介してもらえます。
大手では、田舎や郊外は利益率があまり高くないため取り扱ってもらいえないこともあります。
その場合は中小の不動産会社に依頼すると良いでしょう。

2つ目は、築年数が古い物件を保有している場合です。
こちらも大手不動産会社では、利益率が低いため取り扱ってもらえない可能性があります。
地元のネットワークを駆使して特定のニーズのある顧客を見つけて、思わぬ価格で売却してくれることもあるでしょう。

□専任媒介契約がおすすめのケース

□まとめ

自分に合った不動産会社を選ぶコツや不動産会社の見極めポイントをご紹介しました。
不動産の状態や立地によって不動産会社を選ぶことで効率よく売却活動を行えるでしょう。
熊本市周辺で不動産売却をご検討の際は、ぜひ当社までお問い合わせください。

すがコーポレーション(イエステーション)は不動産売却の多数の実績がございます。
「不動産売却物語」にて様々な不動産売却の実績を更新しておりますのでよかったら覗いてみてください。
https://suga-baikyaku.com/story/
中本伸也

投稿者

中本伸也

15年以上不動産業界に従事し、宅地建物取引士や賃貸経営不動産取引士、ファイナンシャルプランナーなどの資格を持つ専門家です。不動産に関するお悩みやご質問は、ぜひ私どもにご相談ください。豊富な経験と知識で最適なご提案とサポートをいたします。お気軽にお問合せください。

中本伸也が書いた記事はこちら
すがコーポレーションLINE

不動産豆知識カテゴリの最新記事

お問合せ

CONTACT

オフラインでのお問い合わせ
お電話でのお問合せ

営業時間:10:00-19:00 定休日:年末年始

不動産売却の手引きPDF
無料ダウンロード

不動産売却に役立つ手引き書を無料でプレゼント致します。

ページ先頭へ戻る