家の住み替えで失敗しないために!よくある失敗や対策を解説します!

  • 不動産豆知識
家の住み替えで失敗しないために!よくある失敗や対策を解説します!

転勤や新生活に向けた引っ越しで、家の住み替えの予定がある方はいらっしゃいませんか。
しかし、家の住み替えは売却と購入の2つの大変な仕事を同時にこなさなければならないので、失敗してしまうことも多いです。
そこで今回は、家の住み替えでよくある失敗とその対策方法について解説します。

熊本で不動産をお持ちの方へ:
すがコーポレーションは平均売却日数55日で、最短で24時間以内のスピード売却にも対応しております。不動産の売却についてお気軽にご相談ください。
(*詳しくは下記URLをクリックください。)
https://suga-baikyaku.com/lp
家の住み替えでよくある失敗ケースは?

□家の住み替えでよくある失敗ケースは?

家の住み替えは、家を売却する手順と家を購入する手順を同時に進める必要があります。
そのため中々上手くいかずに失敗してしまうケースも多くあります。
ここでは、よくある失敗のケースを2つ紹介します。

1つ目は、売却と購入の時期を合わせられないケースです。
住み替えの理想形としては、以前の家を売却して直ぐに新しい家に住み始めることですが、実際はそううまくいかないことも多々あります。
新居探しに手間取ってしまったり、売却で時間がかかってしまったりすると、想定外のお金がかかります。

売却が先に済んで購入がまだの場合は、購入までの間は仮住まいに住まなければなりません。
当然ながら、仮住まいに住む期間は余分に費用がかかります。
引っ越し代も複数回かかるので、想定外の出費になるかもしれません。

逆に、新居を購入して家を2つ所有している場合もあります。
その場合、固定資産税や都市計画税などの支出により、使っていないのにも関わらずお金がかかることになります。
家を売却するまでにはある程度の期間がかかることに注意が必要です。

いずれにせよ、売却と購入の時期が近いほど余計な出費が少ないので、なるべく早くから準備を進めておきましょう。
売却が遅れる可能性を考慮して、早めに不動産会社に相談しておくことをおすすめします。

2つ目は、相場よりかなり安い金額で家を売却してしまうケースです。
売却価格は自分で設定することになるでしょうが、相場が分からないと高すぎて買い手がつかない、安すぎる値をつけてしまう場合があります。
適切な価格設定をするためには、予め地域の物件情報を調べるなどして、大体の相場を知っておきましょう。
より妥当な価格設定にしたい場合は、我々のような地域密着型の不動産会社を選ぶことをおすすめします。

□住み替えで失敗しないためにできる3つの対策

*住み替えの目的を明確にする

何を目的として住み替えをするのかを明確にしましょう。
その目的は、転勤や子供の成長、老後の生活の準備など人によって様々あるでしょう。
転勤や子供の進学による住み替えの場合は、何としても間に合わせる必要があるので、特に早くから準備が必要です。
老後のことを考えた住み替えなら、住み替え先の住居をじっくりと選んで悔いのないようにしましょう。

*売却か購入のどちらを優先するか決める

先に家を売却することを売り先行、購入することを買い先行と呼びます。
同時に売却と購入が出来ればいいのですが、中々うまくはいかないので、売り先行か買い先行のどちらにするかをそれぞれのメリットとデメリットを比較しながら選びます。

売り先行の場合は、先に売却したお金が手に入るため、次の新しい家に向けた資金計画が立てやすくなるのが大きなメリットです。
新居に使えるお金が明確に分かるため、経済的負担の少ない新居探しが可能です。
ただし、新しい家に移るまでの間に仮住まいに住むことになり、その費用及び引っ越し代や引っ越し作業の大変さもデメリットになります。

買い先行の場合は、住居が保証されているメリットがあります。
自分の家がなくなる期間がないため、仮住まい生活になる恐れはありません。
しかし、元の家を保有しながらさらに家を購入するのは金銭的負担が大きく、税金や維持費も大変です。
中々売却できないと価格設定を不安に感じるかもしれません。

*相場を知っておく

家を理想的に売却するには、適切な相場を知って価格設定することが重要です。
不動産会社に一任してもいいですが、もし適切に価格設定してくれない会社を選んでしまった場合、安い値段での売却になるかもしれません。
より信頼できる不動産会社を見極めるためにも、予め売却価格の相場を知っておきましょう。

□特別控除や特例を利用して支出を抑えるには?

居住用の家を売却した場合、各種税金が一定額控除できる制度があります。
例えば、マイホーム売却時の3000万円の特別控除を利用すると、譲渡所得税が3000万円まで控除されます。
他にも、買い替え特例を利用すれば、税金の支払い時期に猶予がつきます。
それぞれ適用条件があるので、税務署のホームページなどで最新の情報をチェックしましょう。

特別控除や特例を利用して支出を抑えるには?

□まとめ

今回は、家の住み替えでよくある失敗パターンと対策について解説しました。
住み替えで失敗しないためには、早めから準備を進めた上で、先に売却か購入するのかをメリットとデメリットを踏まえて考えておきましょう。
熊本市周辺で家の住み替えでお悩みやご不安をお持ちの方は、ぜひ当社にご相談ください。

すがコーポレーションは「不動産売却物語」を更新しております。
様々な事例を掲載しておりますので、不動産売却をご検討中の方はぜひご覧ください。
(*詳しくは下記URLをクリックください。)
https://suga-baikyaku.com/story/
中本伸也

投稿者

中本伸也

15年以上不動産業界に従事し、宅地建物取引士や賃貸経営不動産取引士、ファイナンシャルプランナーなどの資格を持つ専門家です。不動産に関するお悩みやご質問は、ぜひ私どもにご相談ください。豊富な経験と知識で最適なご提案とサポートをいたします。お気軽にお問合せください。

中本伸也が書いた記事はこちら
すがコーポレーションLINE

不動産豆知識カテゴリの最新記事

お問合せ

CONTACT

オフラインでのお問い合わせ
お電話でのお問合せ

営業時間:10:00-19:00 定休日:年末年始

不動産売却の手引きPDF
無料ダウンロード

不動産売却に役立つ手引き書を無料でプレゼント致します。

ページ先頭へ戻る