住まなくなった家を手放したい

住まなくなった家を手放したい

お客様の背景

●売買の種別:売却

●氏名:Y・Y様

●年代:90代

●ご職業:年金受給者

●お住まいの地域:山鹿市古閑

●ご相談の地域:鹿北町岩野

●売却理由:住替え

●お問合せ方法:チラシ

ご相談内容

現在住んでいる家と別に住まなくなった家があるので手放したい

ご提案した解決策

築年数が経過していたため売れるかどうか不安視されていました。

そこで、買取のご提案を行い、個人間で売買した際のリスクをなくすことを選ばれました。

不動産会社の買取の為、売却後の不安も解消してご売却を行うことが出来ました。

担当営業として大切にした要点

今回のご相談内容として

①売却についての知識がないので不安であること

②不動産会社の担当者の言われるがままにならないだろうか、ということをしきりにおっしゃっていました。少しでも売主様の不安を解消するために、まず①は初回の査定の際に売却についての流れをご説明し、その都度ご説明を行うことを事前にお伝えしていきました。

また、②については初回の査定後から動きがあるたびに、お電話と訪問でご連絡し、細かい動きをお伝えしてまいりました。今回売主様は手放したいとのお悩みでしたので早期売却が出来る買取のご提案をし、スムーズな売却を行うことが出来ました。

この度は弊社にお任せいただきまして誠にありがとうございました。

中本伸也

投稿者

玉名店

中本伸也

15年以上不動産業界に従事して参りました。不動産の売買はお客様の人生を左右する重要な出来事です。 お会いするお客様一人一人に、誠心誠意の気持ちで最大限の努力を尽くし、豊富な経験と実績でお客様のお手伝いをさせていただきます。どんなに些細な不安やお悩みでもお気軽にご相談下さい。玉名店にお立ち寄りの際は是非お声をかけて頂けると大変嬉しく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。

中本伸也が書いた記事はこちら
すがコーポレーションLINE

お問合せ

CONTACT

オフラインでのお問い合わせ
お電話でのお問合せ

営業時間:10:00-19:00 定休日:年末年始

不動産売却の手引きPDF
無料ダウンロード

不動産売却に役立つ手引き書を無料でプレゼント致します。

ページ先頭へ戻る