相続したが売却方法に迷っている

相続したが売却方法に迷っている

お客様の背景

●売買の種別:売却

●氏名:M・S様

●年代:60代

●ご職業:自営業

●物件種別:土地・戸建

●お住まいの地域:菊池市

●ご相談の地域:合志市

●売却理由:相続

●お問合せ方法:リビング新聞

ご相談内容

実家を相続したが、どのように売却したらよいか迷っている

ご提案した解決策

広い庭付きの実家を相続され、中古戸建として売るか、解体して土地として売るか、どちらがよいのかを迷われていました。戸建としての売却、土地としての売却、また仲介と買取の違いをそれぞれご説明し、結果的にリスクとスピード感のバランスを見て、土地として仲介での売却をお選びいただきました。

担当営業として大切にした要点

相続人4名のうち2名が県外にお住まいだったこともあり、売却の長期化も懸念されておりましたが、良いタイミングと買主様に恵まれ、ご満足いただける内容とスピードでご売却いただくことができました。また土地の高低差の問題もありましたが、解消してスムーズに契約ができました。

マンションの売却で入金されるお金には何がある?

熊本県で不動産売却をお考えの方へ: すがコーポレーション(イエステーション)はオンラインで不動産処分の手続きを行うが可能です。平均売却日数55日、最短24時間以内のスピード売却にも対応しております。 (*詳しくは下記URLをクリックください) https://suga-baikyaku.com/lp
荒木由春

投稿者

光の森店

荒木由春

お会いするお客様は一人一人が違う想いを持っていらっしゃると思います。一人一人のお客様に共感し、最後には「任せて良かった」とご納得していただける様日々取り組んで参ります。私自身一戸建て、木造アパート、賃貸マンション、現在は分譲マンションを購入し、色々なところに住んだ事がありますので経験談を交えながらお客様の目線に立ったお手伝いを致します。皆様のお役に立てるよう日々全力投球で取り組みますので宜しくお願い致します。

荒木由春が書いた記事はこちら >>
すがコーポレーションLINE

お問合せ

CONTACT

オフラインでのお問い合わせ
お電話でのお問合せ

営業時間:10:00-19:00 定休日:年末年始

不動産売却の手引きPDF
無料ダウンロード

不動産売却に役立つ手引き書を無料でプレゼント致します。

ページ先頭へ戻る